電子ペンを使ったパソコン手書きソフトの開発「プラス思考のソフト創造」

 

【経営の理念と使命】

プラスソフトは「手書きソフトの開発ベンチャー」です。

ハードウェアの進歩とともに確実に「手書きソフトの文化」は広がってきています。

従来から、タブレットを使った手書きソフトは多数ありましたが、そのほとんどはグラフィック系、絵を描くことを楽しむためのものでした。しかし、私共は、手書きソフトの可能性を信じ、「実際にお客様の役に立つ」を目標に、教育・ビジネス・医療分野に向けて手書きソフトの開発を進めています。

長い歴史の中で、文化・文明を継承し発展させてきた「文字を書く」「絵を描く」という行為。コンピュータの世界にも、人間的な温かみを持つ「手書き文化」を華開かせ、お客様に感動と喜びを感じていただきたい。これがプラスソフトの使命だと考えています。

プラスソフトは、「手書きを含めた、シンプルで使いやすいユーザーインターフェースの構築に関する知識と技術」と「タブレット、タブレットPC、液晶タブレット、タッチパネルなど手書きハードに関する知識と技術」の2つを磨き、より多くのお客様に喜んでいただけるよう、今後も努力いたします。

【企業倫理】

プラスソフトが大切にする倫理観は、江戸時代中期に商人道を切り開いた石田梅岩の「石門心学」をベースにしています。

石田梅岩は、日本で初めて商業倫理を確立しました。その教えは多くの百年、二百年企業を生み出したといわれ、「江戸時代のドラッガー」とも呼ばれています。

石田梅岩の思想の中で、商業倫理を示す言葉を、以下に列挙します。

・商人は勘定くわしくして、今日の渡世をいたす者なれば、一銭軽ろしと云ふべきにあらず。是を重ねて富をなすは商人の道なり。
・富の主は天下の人々なり。
・実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり。
・二重の利を取り、甘き毒を喰ひ、自死するやうなこと多かるべし。

プラスソフトは、石門心学の倫理徳目である「勤勉、倹約、正直」を現代おいて実践し、法令遵守はもちろんのこと、自然環境や社会環境、人権保護といった道徳的観点から企業活動を行います。

【環境方針】

プラスソフトは、「環境を大切にする会社」を目指します。

1)金属、紙、ダンボール、プラスチック等、リサイクル可能な廃棄物に関しては、これを適切に分別します。
2)冷暖房の温度設定を制限するなど、電気・ガス・水道等の資源を節約します。
3)RoHS(ローズ)対応への見解を表明しています。

【労働基本方針】

プラスソフトは、「社員を大切にする会社」を目指します。

1)労働条件における法令遵守を実行します。
2)心身ともに健康的で安全な職場づくりに努めます。
3)社員一人ひとりと向き合い、各自の事情を配慮した柔軟な労働環境を提供します。

【知的財産の保護】

プラスソフトは、自他両方の「知的財産」を大切にします。

私どもパッケージソフト開発業者にとって「知的財産」は極めて重要度の高いものです。パッケージソフトを販売するということは「ソフトウェアの著作権を使用許諾すること」に他ならないからです。

自社の知的財産権を遵守していただきたいとの思いと同等に、第三者の知的財産権を遵守・保護する所存です。

会 社 名
株式会社プラスソフト
役 員
代表取締役   竹花利明
取締役副社長 清水真史
設 立
1999年8月23日
本 社
〒333-0801 
埼玉県川口市東川口2−2−30 ヴィラ東川口307
TEL:048−290−6140 / FAX:048−290−6141
弊社地図はこちらです
資 本 金
300万円
事 業 内 容
ペン入力ソフトの開発、販売

(株)ワコム、SONY(株)、セイコーエプソン(株)、パナソニック(株)、日本電気(株)、富士通(株)、 EIZO (株)、Dynabook(株)、潟Kイアエデュケーション

 

手書きソフト・PenPlusシリーズの開発、販売。

PenPlusデベロッパー:

手書きソフト開発ツール。主に電子カルテメーカーに採用。大学病院など利用多数。
PenPlusプロ: 手書き会議・プレゼン・電子黒板システム。
PenPlus Classroom: 授業支援システム。

 

                                                       
1999年8月 長野県小県郡丸子町にて設立
2000年1月 潟}イクロリンクと共同でペン入力ピザ受注システム「デリジョーズ」を発売開始
2000年2 埼玉県川口市に支店開設
2001年9月 潟純Rムの全タブレット製品にて「PenPlusパーソナル」のバンドル販売開始
2001年12月 ビジネスプロフェッショナル向けプレゼンソフトPenPlusプロ発売
2001年12月 ペン入力ソフト開発ツール「PenPlusデベロッパー」発売
2002年3月 千葉大医学部とPenPlusデベロッパーの共同開発、内視鏡学会で発表
2002年4月 信州大医学部と医療用版PenPlusパーソナル(別名:GFEP)を共同研究開発遠隔医療学会で発表
2002年5月 PenPlusプロ Ver1.0発売開始
2002年7月 潟xネッセコーポレーションに「e-チョーク」(PenPlusパーソナルカスタマイズ製品)を提供開始
2003年4月 PenPlusスタンダード Ver1.0発売開始
2003年12月 埼玉事務所(埼玉県川口市)に、本社を移転
2004年5月 ソニー鰍フVAIO type Uに「PenPlus for VAIO」の日本語・英語・中国語版をバンドル提供開始
2004年5月 ミナトエレクトロニクス鰍ノ「PenPlus for PlasmaTouch」を提供開始
2005年1月 ゼブラ鰍フ手書きダイレクトにPenPlusプロをバンドル提供開始
2006年2月 富士通鰍フノートパソコンFMVに「PenPlusパーソナル for FMV」をバンドル提供開始
2006年4月 ヒビノ鰍フPointMakerにPenPlusプロ動画対応版を提供開始
2006年9月 シャープ鰍フインタラクティブプレゼンシステムに「PenPlus for TouchPanel」を提供開始
2007年5月 PenPlusパーソナル Ver2.0 Vista対応版提供開始
2007年10月 外TTOのモバイルタイプ電子黒板mimioに「PenPlusプロ for mimio」を提供開始
2007年12月 PenPlusプロ Ver2.0 Vista対応版販売開始
2009年1月 PenPlusデベロッパーVer5 Vista対応版発売開始
2009年10月 AcrobatPDFに手書きメモができる「PDFに手書き」を販売開始
2009年11月 富士ゼロックス鰍フDocuWorksに手書きメモができる「PenViewer for DocuWorks」を販売開始
2009年12月 PenPlusデベロッパーVer5.1 Windows7対応版販売開始
2010年1月 ドクターカンバス Ver1.0 発売開始
2010年12月 セイコーエプソン鰍フプロジェクター電子黒板ユニットに「PenPlusプロ for EPSON」を提供開始
2011年7月 潟iナオのタッチパネル装着カラー液晶モニターに「PenPlusプロ for EIZO」を提供開始
2011年7月 PenPlusプロ Ver4.0(Windows7対応版)販売開始
2012年4月 富士ゼロックス鰍フDocuWorksに手書きメモができる「PenCreative」シリーズを販売開始
2012年11月 PenPlusデベロッパー Ver5.1 Windows8対応
2013年6月 ドクターカンバス ver2.0(Windows8対応)発売開始
2013年6月 潟純Rムの液晶タブレット DTK-2241/Medical、DTH-2242/Medical、DTU-1031/Medicalで、「ドクターカンバス」のバンドル販売開始
2013年11月 潟Kイアエデュケーションに「PenPlus for Education」(PenPiusプロ 文教版)を提供開始
2013年12月 PenPlusデベロッパー Ver5.1 Windows8.1対応
2013年12月 ドクターカンバス Ver2.0 Windows8.1対応
2014年4月 潟Kイアエデュケーションに授業支援ソフト「PenPlus Classroom Ver1.0」 を提供開始
2015年4月 日本電気鰍フBrain Boardに「PenPlus for NEC」を提供開始
2015年4月 富士ゼロックス鰍フDocuWorksに手書きメモができる「PenConnect」を販売開始
2017年7月 PenPlusプロ Ver7.0 販売開始
2018年6月 PenPlus for Business Ver1.0販売開始
2018年6月 PenConnect Ver.3 販売開始
2018年11月 PenPlus for Business Ver1.1販売開始
2019年2月 PenPlus for Business Ver1.2販売開始
2019年4月 PenPlus for Business Ver1.3販売開始
2019年4月 社名を株式会社プラスソフトへ変更
 

COPYRIGHT 1999-2019 PLUSSOFT CO,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
プラスソフトの許可無く、本文書の一部または全文のコピー、転用を禁じます