株式会社プラスソフト株式会社プラスソフトのロゴ画像

タブレットPC、電子黒板、タッチパネルの手書きソフトPenPlus
048-290-6140

〔受付時間|平日 9:00~12:00/13:00~17:00〕

よくある質問や解決方法をご紹介します

PDFモードを起動したい
任意のPDFファイルをPenPlusforBusinessツールバーへドラッグ&ドロップもしくは PenPlusforBusinessツールバーのpdfモードアイコン[PDFモード]アイコンから起動できます。

PDFモードを起動する

PDFモードを終了したい
PDFモードを終了するには2つ方法があります。ファイルメニューの[終了]を選択する方法とウィンドウの[×]ボタンから終了する方法です。

PDFモードを終了する

PDFファイルを開く方法を知りたい
  • ファイルメニューからファイル読み込み
  • PenPlusforBusinessツールバーへのドラッグ&ドロップ
  • PDFモード画面上へドラッグ&ドロップ
の3つの方法があります。

PDFファイルを開く

デスクトップに貼り付けたPDFをダブルクリックして起動したい
PDFファイルの[プログラム関連付け設定]を行うことで、ダブルクリックすると起動できるようになります。

PDFファイルから直接起動する

直接PenPlus PDFモードを起動したい
PDFファイルの[プログラム関連付け設定]を行うことで、直接PenPlus PDFモードを起動できるようになります。

PDFファイルから直接起動する

複数のPDFファイルを開きたい
[ドキュメント操作エリア]に表示されている[ファイルを開く]ボタンから開くことができます。開いたPDFファイルはドキュメント操作エリアに表示されるPDFファイルごとのタブを選択することで表示切りかえができます。

マルチドキュメント操作

2つ以上のPDFを並べてチェックしたい
ファイルメニューから新しいPenPlus PDFを起動すると並べることができます。

新しいPenPlusPDFを起動する

コメント(注釈データ)だけを保存したい
ファイルメニューからコメント(注釈データ)のエクスポートが可能です。

注釈データのインポートとエクスポート

保存したコメント(注釈データ)をPDFファイルに読み込みたい
ファイルメニューからコメント(注釈データ)のインポートが可能です。

注釈データのインポートとエクスポート

マルチページTIFFファイルを読み込みたい
PenPlusforBusinessツールバーやPDFモード画面へドラッグ&ドロップします。

マルチページTIFFファイルをPDF形式で読み込む

MS-OfficeのファイルをPDF形式で読み込みたい
MS-OfficeのファイルをPDFモード画面へドラッグ&ドロップすると読み込むことができます。
※MS-Officeがインストールされている必要があります。

PowerPointファイルをPDF形式で読み込む

ペンと移動を瞬時に切り替えたい
ペン描画中にスペースキーを押すと移動モードに、キーを離すとペンモードに戻ります。
選択されたオブジェクトをコピー&ペースト(貼り付け)をしたい
Ctrl + 移動モード+マウスムーブ、もしくはCrtl+C(コピー)& Ctrl+V(ペースト)で貼り付けできます。
左利き用途で利用したい
[ツールパネル表示ボタン]の左右どちらかをクリックしてONにします。パネルの表示位置が変更されます。

ツールパネルの表示位置を切り替える

ツールパネルを非表示にしたい
[ツールパネル表示ボタン]ONのボタンをクリックすると、非表示のOFFに切り替わります

ツールパネルを非表示にする

できるだけ画面をシンプルにしたい
[ツールパネル][カスタムツールバー]非表示にすると、PDFモード画面をシンプルにすることができます。

PDFモード画面をシンプルにする

ペンの色とサイズを変更したい
[ツールパネルタブ][ペン]を選択すると表示される設定エリア内にある設定アイコンから変更することができます。
消しゴムのサイズを変更したい
[ツールパネルタブ][ペン]を選択すると表示される消しゴムアイコン横の設定アイコンから変更することができます。
作成済みのPDFドキュメントを直接編集したい
[ツールパネルタブ][文字]を選択すると表示されるテキスト編集アイコン[テキスト直接編集アイコン]から変更することができます。
カスタムツールバーを非表示にしたい
[ツールパネルタブ][設定]を選択すると表示される[エリア非表示]内チェックリスト[カスタムツールバーの非表示]にチェックを入れるとカスタムツールバーを非表示にできます。

カスタムツールバーを非表示にする

カスタムツールバーを右端に表示したい
[カスタムツールバー設定]のツールバーの位置から表示位置を選択できます。

カスタムツールバーの表示位置を切り替える

利用できるペンとマーカーの種類を増やしたい
[カスタムツールバーの設定ダイアログボックス]から利用できるペンとマーカーの種類を増やすことができます。

ツールを追加する

カスタムツールバーにツールを追加したい
[カスタムツールバーの設定ダイアログボックス]から各ツールの追加ができます。

ツールを追加する

カスタムツールバーのツールを並び替えしたい
[カスタムツールバーの設定ダイアログボックス]からカスタムツールバーの並び替えができます。

ツールの並び順を変更する

カスタムツールバーのツールを削除したい
[カスタムツールバーの設定ダイアログボックス]から各ツールの削除ができます。

ツールを削除する

   
選択したペンのスタイルを変更したい
文字関連のツール利用時に常にPDFモード画面上部に表示されるプロパティエリアからペンの詳細設定が可能です。

ペン描画編集時のプロパティエリア

選択したオブジェクトを変更したい
プロパティエリア・もしくはプロパティパネルから変更が可能です。

各種オブジェクトの編集方法

ルーラー(ガイド線)を利用したい
ショートカットキー[R]もしくは[ツールパネルタブ][設定]を選択すると表示される[補助機能]ルーラーアイコン[ルーラーアイコン]を押すとルーラーの表示・非表示が可能です。

ルーラーを利用する

グリッド(方眼)を利用したい
ショートカットキー[G]もしくは[ツールパネルタブ][設定]を選択すると表示される[補助機能]グリッドアイコン[グリッドアイコン]を押すとグリッドの表示・非表示が可能です。

グリッドを利用する

設定したガイド線やグリッドをスナップ(吸着)したい
ショートカットキー[Shift+G]もしくは[ツールパネルタブ][設定]を選択すると表示される[補助機能]グリッドアイコン[グリッドアイコン]横にある[スナップ]ON/OFF切り替えることでスナップの有効化・無効化が可能です。

グリッドの吸着

スタイラスペンのテールスイッチで簡単に手書き線を消したい
テールスイッチは自動的に消しゴムモードへ切り替わります。
ペン、スタイラスペン、タッチパネルでの動作の違いを知りたい
入力デバイスにより貼り付ける動作が異なります。

入力方式による操作の違い

デスクトップ画面を貼り付けたい
デスクトップ画面を貼り付けるには2つ方法があります。透明シートモードと連携して貼り付ける方法と、PDFモードのキャプチャ機能を利用する方法です。

デスクトップのオブジェクトを貼り付ける

ホワイトボードモードのオブジェクトを貼り付けたい
PenPlusの[クリップボード]を利用したオブジェクトのコピーが可能です。

ホワイトボードモードのオブジェクトを貼り付ける

2つのPDFの選択されたオブジェクトをコピー&ペーストで移動したい
PDFモードのテキスト直接編集[テキスト直接編集]機能でオブジェクトのコピー&ペーストが可能です。

オブジェクトをPDFファイル間でコピー&ペーストする

マニュアルの場所を知りたい
ショートカットキー[F12]もしくは[ツールパネルタブ][設定]を選択すると表示される[補助機能]ヘルプアイコン[ヘルプアイコン]を押すとPDFモードのユーザーマニュアルが開きます。

Contact Us

商品に関するご質問、OEMのご相談・無料トライアルのお申し込みなど、お気軽にお問い合わせください。